モロ要塞



 

モロ要塞は、キューバ・ハバナ湾入り口、オールド・ハバナの対岸にあります。ハバナ防衛のために築かれたフエルサ要塞カバーニャ要塞プンタ要塞とともに世界遺産の構成資産の一つとなっています。

モロ要塞とは

1640年に完成したモロ要塞は、ハバナ湾やスペイン艦隊の防衛のために建設されました。対岸のプンタ要塞と向かい合うように立っているモロ要塞は、かつて、外敵が間近に迫ると両者は太い鉄の鎖を渡して敵の侵入を防いでいました。

高さ20mの城壁を有するモロ要塞は、大船団を率いるイギリス人の海賊ヘンリー・モーガンの襲撃も退け、17世紀前半には3度にわたる海賊の襲撃からもハバナの街を守りました。モロ要塞は、カリブ海最強の砦といわれ、その名に相応しい活躍を見せます。

現在、要塞内部は、コロンブスの旅の軌跡や歴史などを展示する博物館となっており、レストランも併設されています。また、要塞からみるハバナ湾や旧市街は絶景で、ハバナ随一の絶景ポイントとして多くの観光客が訪れています。

キューバの世界遺産 オールド・ハバナ(ハバナ旧市街)とその要塞群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す