photo credit: _Y1A2424 via photopin (license)

モイカ宮殿(ユスポフ宮殿)



ロシアの世界遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」に含まれるモイカ宮殿(ユスポフ宮殿とも呼ばれる)は、最初、1770年ごろにフランス人建築家のド・ラ・モットによって建てられました。

その後、何年にも渡り多くの建築家の仕事が宮殿に加えられました。A・ミハイロフは、ユスポフが宮殿の所有者になった1830年代に建物を再建しました。これが現在の宮殿です。

1830年から1917年まで、宮殿は非常に裕福な貴族であるユスポフ家が所有していました。ユスポフ家は慈善行為と芸術コレクションで知られ、そのために、帝政ロシア時代はユスポフ宮殿と呼ばれていました。豪華な内装は王宮に勝るとも劣らず、レンブラント・ファン・レインのものを含む絵画、宝石、彫刻など四万点以上の芸術作品が宮殿を飾っていました。

ロシア革命後、ユスポフコレクションは、国有化され、エルミタージュ美術館や他の博物館で管理されるようになりました。エルミタージュ美術館の絵画部門のキュレーターであるアーネスト・フリードリッヒ・フォン・リファートは、宮殿のカーテン画や劇場の天井画を初期に手がけたひとりです。

宮殿はフェリックス・ユスポフ公がラスプーチンを暗殺した場所としても知られています。ユスポフ家は、ロシア国内にサンクトペテルブルクの四つを含む57個の宮殿を所有していました。モイカ宮殿は、ユスポフ公のお気に入りでした。

ラスプーチンの暗殺

ラスプーチンの暗殺については、まだわかっていないこともあります。1916年12月29日の夜(ユリウス暦12月16日)、ユスポフ公は皇帝の従弟のドミトリー・パブロヴィチ大公と共謀してラスプーチンを晩餐に誘いました。食事に青酸カリが盛られたものの、ラスプーチンはそれを食べても平気でした。

食後の祈りを捧げていたラスプーチンは鉄製の蜀台で頭を殴られたうえ、銃弾を2発撃ち込まれます。反撃に出たのでさらに2発の銃弾を受け、倒れたところに殴る蹴るの暴行を受けました。それでもまだ生きていたため、絨毯で簀巻きにされ、凍りついたネヴァ川までひきずられたうえ、氷を割った穴の中に押し込まれました。死因は溺死だったといいます。

ラスプーチンの死後、ロシア革命が勃発します。権力を握ったボリシェヴィキは貴族の財産を没収しました。1925年、宮殿は市の教育委員会の手に渡ります。大部分の貴族の宮殿がありふれた日常的用途へと転用される中、モイカ宮殿は公共博物館として保存されることになり、今日に至っています。

二階の受付周辺部はラスプーチン暗殺の場所であり、一般公開されています。ラスプーチンが暗殺者から逃れようとした中庭は、現在隣接する幼稚園の遊び場になっています。

ロシアの世界遺産 サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す