ミラベル宮殿



 

オーストリアの世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」に含まれているミラベル宮殿は、ザルツブツク市街の新市街、ザルツァハ川沿いにあります。

ミラベル宮殿とは?

ミラベル宮殿|ザルツブルク市街の歴史地区ミラベル宮殿は、17世紀初めに大司教ヴォルフ・デートリッヒ・フォン・ライテナウが愛人サロメ・アルトのために建てた宮殿で、創建当初は、愛人アルトの名に因んで「アルテナウ宮殿」と名付けられていました。1611年に大司教デートリッヒが失脚すると、後任の大司教によって「ミラベル宮殿」と改名されました。

ミラベル宮殿は、1818年に大火災に遭い、大部分を消失してしまいます。現在の建物は、その後再建されたものです。その大火災の中でも残った部屋もありました、それが宮殿内において、見どころの一つでもある「大理石の間」です。この大理石の間は、ザルツブルクが生んだ神童モーツァルトが演奏を行った場所で、現在も、定期的に演奏会が開かれています。

色とりどりの花々と彫像のハーモニー

ミラベル宮殿|ザルツブルク市街の歴史地区 庭園

ミラベル宮殿のもう一つの見どころが、宮殿付属の庭園です。ミラベル庭園は、オーストリアのバロック建築の巨匠ヨハン・フィッシャー・エルラッハによって17世紀に造られました。ペガサスなどギリシャ神話がモチーフになっている彫像や花壇、噴水が配置されており、優美な雰囲気を醸し出しています。また、この庭園は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のドレミの歌のシーンで使われた事でも有名です。

オーストリアの世界遺産 ザルツブルク市街の歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す