ミッドウェイ・ガイザー・ベイスン

ミッドウェイ・ガイザー・ベイスンは、イエローストーン国立公園の顔とも言えるグランド・プリズマティック・スプリングがある地域です。

ビスケット・ベイスンからさらに6キロほど北上したところにあります。ここではどうしてもグランド・プリズマティック・スプリングが目立ってしまいますが、他にも興味ある熱水泉(プール)やガイザー(間欠泉)があります。

グランド・プリズマティック・スプリング

グランド・プリズマティック・スプリング

グランド・プリズマティック・スプリングは全米でも最大の熱水泉で、直径は約113メートルもあります。これは世界で第3位の大きさ。温度は70度ほどで、常に熱いお湯が湧き出ています。

エクセルシオール・ガイザー

最長100メートル近くある大きなエクセルシオール・ガイザーは、かつて世界最大とも言われた間欠泉でした。

1880年代には90メートルを超える爆発的な噴出を見せていましたが、近年は噴出が見られなくなりました。

しかし、92度ほどの熱水が湧き出しており、もうもうとした水蒸気と共に水面が沸騰している様が見られます。

ターコイズ・プール

ターコイズ・プールは少し乳白色がかった青い色のプールです。温度は70度ほどで、特に目立った動きはありませんが、地下でエクセルシオール・ガイザーと繋がっていて、そちらが活発に活動しているときは、このプールの水位が下がってしまうそうです。

グランド・プリズマティック・スプリングともボードウォークのトレイルで繋がっていますので、一緒に見て回れます。天候や気温によっては、たちこめる水蒸気で見づらいこともありますが、地熱活動が感じられ印象深い場所です。

「ミッドウェイ・ガイザー・ベイスン」のデータ

   
国名 アメリカ
世界遺産名イエローストーン国立公園
名称 ミッドウェイ・ガイザー・ベイスン
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す