パオン寺院とムンドゥッ寺院



インドネシアの世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群」に含まれている、ボロブドゥール寺院・パオン寺院・ムンドゥッ寺院はほぼ東西に一直線上に並んでいて、この一帯はシャイレンドラ王朝(8世紀~9世紀)の特別な聖域であったと考えられています。

パオン寺院

パオン寺院は、ボロブドゥール寺院から東に約1.5km離れたところにあります。シャイレンドラ王朝(8世紀~9世紀)の時代に建立され、王廟と推定されています。高さ12メートルの石造の堂があり、壁に聖樹カルバタール、天女、半鳥人などの彫刻が施されています。現在は、堂内に何も残されていません。

ムンドゥッ寺院

ムンドゥッ寺院は、ボロブドゥール寺院から東に約3km離れたところにあります。ムンドゥッ寺院もパオン寺院と同時期に建立されました。

ムンドゥッ寺院 内部

堂内には、釈迦如来像と、左右に半跏倚坐の菩薩像が2体、合計3体の仏像が残されています。

インドネシアの世界遺産 ボロブドゥール寺院遺跡群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す