メドハネ・アレム教会

メドハネ・アレム教会は、エチオピア北部にある世界遺産「ラリベラの岩窟教会群」の構成資産のひとつです。

メドハネ・アレム教会とは

メドハネ・アレム教会は、縦約33m、横22m、高さ約11mとラリベラの岩窟教会群の中で最大の規模を誇る教会です。教会の規模を考えれば信じがたいですが、メドハネ・アレム教会も、ラリベラにあるギョルギス教会マリアム教会エマヌエル教会と同様に一枚岩でできています。

「救世主の家」とも呼ばれるメドハネ・アレム教会は、建物を囲むように32本の角柱が並んでおり、まるで古代ギリシャ神殿のような外観です。エチオピア国内を見ても、このような外観は、メドハネ・アレム教会だけです。

教会内部は、五廊式と呼ばれる独特のスタイルで、聖書に登場するアブラハム、イサク、ヤコブの墓のレプリカが安置されています。

「メドハネ・アレム教会」のデータ

   
国名 エチオピア
世界遺産名ラリベラの岩窟教会群
名称 メドハネ・アレム教会
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す