テオドリック王廟

テオドリック王廟は、イタリア・ラヴェンナにある「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」の8つの構成資産のひとつです。

テオドリック王廟

テオドリック王廟は、東ゴート王国の創始者テオドリックによって、520年に建設され、王の生存中に建設されました。526年にテオドリックが亡くなると、王廟に埋葬されましたが、異端者の墓であるとして遺体は取り除かれました。

王廟は、イストリア産の石灰岩の切石による組積構造で、直径約11mのドームは一枚岩でできています。2層構造で、内部には、紫斑石の石棺が残っていますが、遺品や副葬品などはありません。また、東ゴートのスタイルで建設されているため、キリスト教芸術やビザンツ建築に見られるモザイクはありません。

「テオドリック王廟」のデータ

   
国名 イタリア
世界遺産名ラヴェンナの初期キリスト教建築物群
名称 テオドリック王廟
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す