photo credit: Sorosh Hafteye Talai 0331 via photopin (license)

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、1979年にイランの世界遺産として登録された「エスファハーンのイマーム広場」の構成資産のひとつです。

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーとは

photo credit: blondinrikard Sheikh Lotfollah Mosque in Esfahan via photopin (license)

photo credit: blondinrikard Sheikh Lotfollah Mosque in Esfahan via photopin (license)

イマーム広場東側にあるマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、アッバース1世の個人礼拝所として1601年に着工し、17年の歳月をかけ1618年に完成しました。そのため他のマスジェデ(モスク)とは違い、中庭やミナレットがありません。

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーのドーム

photo credit: D-Stanley Sanctuary Dome via photopin (license)

photo credit: D-Stanley Sanctuary Dome via photopin (license)

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーの特徴は、黄色を主体とした彩釉タイルで飾られたドームです。ドーム内外ともに美しく飾られており、内部ではタイルが光の変化を演出し、暖かな雰囲気を醸し出しています。そのため、シェイフ・ロトゥフォッラーは「女性のモスク」と呼ばれており、一方「男性のモスク」と呼ばれているのがマスジェデ・イマームです。

マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーは、イラン国民が世界一美しいと絶賛するマスジェデです。

「マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー」のデータ

   
国名 イラン
世界遺産名エスファハーンのイマーム広場
名称 マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す