マリポサグローブ

ヨセミテ国立公園の南のエントランスを入ってすぐ、バレーからは車で1時間半ほどの所がジャイアント・セコイアの巨樹が林立するマリポサ・グローブと呼ばれるエリアです。

このセコイアの森をぬってトレイルが整備され、これらの木の大きさを肌で感じることができます。

グリズリー・ジャイアント

このセコイアの森で最も大きな木がグリズリー・ジャイアントと呼ばれている木で、根元の直径が10m、周囲が29m、そして高さが63mもある巨大なものです。樹齢は2700年と推定されています。

カリフォルニア・トンネル・ツリー

photo credit: IMG_3960 via photopin (license)

photo credit: IMG_3960 via photopin (license)

さらにトレイルを進むと、馬車を通すために開けられたカリフォルニア・トンネル・ツリーがあります。今は歩いてこのトンネルをくぐり抜けることができます。幹に大きな穴をあけられてなお、この木は生き続けています。

フォーリン・トンネル・ツリー

photo credit: IMG_3970 via photopin (license)

photo credit: IMG_3970 via photopin (license)

さらに奥には、車を通すため穴を開けた、当時最も大きかったセコイアの木があります。その後、この木は弱ってしまい、落雷により倒れてしまいました。現在はこの倒れた木を見ることができ、フォーリン・トンネル・ツリーと呼ばれています。

「マリポサグローブ」のデータ

   
国名 アメリカ
世界遺産名ヨセミテ国立公園
名称 マリポサグローブ
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す