マリアム教会

マリアム教会は、1978年にエチオピアの世界遺産として登録された「ラリベラの岩窟教会群」の構成資産のひとつです。

マリアム教会とは

ラリベラの岩窟教会群の中で、最初に建設されたと考えられているのがマリアム教会です(エマヌエル教会が最初という説もある)。12世紀末からラリベラの岩窟教会群の建設は始まりましたが、建設から20数年後には、すでに11の教会が完成していたといわれています。当時の人々は、あまりの工期の早さに驚き「天使がつくった」と噂したそうです。

マリアム教会は、高さが約13mあり、メドハネ・アレム教会ギョルギス教会エマヌエル教会と同様に一枚岩でできています。教会内部の柱や天井には、素晴らしい装飾が施されており、壁面には、聖書から引用した場面をモチーフにした色鮮やかなフレスコ画があります。また、キリストが現れ寄りかかったとされる柱があり、人目に晒されないように常に布で覆い隠されています。

マリアム教会は、聖母マリアに捧げられた献じられているため、人気の高く、エチオピア国内から多くの巡礼者が訪れる教会です。

「マリアム教会」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 エチオピア
世界遺産名ラリベラの岩窟教会群
名称 マリアム教会
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。