photo credit: P1010349 via photopin (license)

ルクソール神殿



生者の世界と言われた「古代都市テーベとその墓地遺跡」のナイル川東岸に、ルクソール神殿はあります。

ルクソール神殿とは

photo credit: Luxor Temple via photopin (license)

photo credit: Luxor Temple via photopin (license)

ルクソール神殿は、新王国時代にカルナック神殿の副神殿として建てられました。「南のハーレム」という別名を持ち、年に1度、ナイル川の増水期に、アメン神が妻ムト女神と過ごすために訪れる「オペト祭」のために造られました。建設当時はカルナック神殿とルクソール神殿はスフィンクス参道で繋がっていたといいます。

ルクソール神殿といえば、第一塔門前にあるオベリスクが有名です。かつて2本あったオベリスクは、現在は1本のみとなっており、もう一本はフランスのコンコルド広場にあります。これは、ムハンマド・アリー朝を興した、ムハンマド・アリーがフランスに贈ったためです。フランスからは、カイロ歴史地区にあるムハンマド・アリー・モスク内にある時計塔が贈られています。

ルクソール神殿は、副神殿とは思えないほど壮大な神殿です。第一塔門を入るとラムセス2世の中庭、アメンホテプ3世の中庭、そしてその2つの中庭を結ぶ大列柱室があります。大列柱室の壁面には、オペト祭の様子が描かれており、楽士を従え参道を進む聖船の行列、踊り子たち、そして期間中、飲み、食べ、歌い、踊り、それらに熱狂した民衆の様子が描かれています。

ルクソール神殿は、「古代都市テーベとその墓地遺跡」の中でも必ず訪れたい観光スポットです。

エジプトの世界遺産 古代都市テーベとその墓地遺跡

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す