photo credit: Lechuguilla via photopin (license)

レチュギア・ケイブ
(カールズバッド洞窟群国立公園)



アメリカの世界遺産「カールズバッド洞窟群国立公園」には83の洞窟があり、その1つがレチュギア・ケイブ。

発見当初は取るに足らない洞窟と思われていたレチュギア・ケイブですが、近年、全米で最も最深の巨大な洞窟であることがわかりました。深さは約489メートルあり、現在わかっているだけで218キロもの長さがあり、まだまだ調査中です。

内部には石膏やレモンイエローの硫黄鉱床もあり、世界的にも稀な鍾乳石が見られます。6メートルもの大きさの石膏のシャンデリアと呼ばれるものやハイドロバルーン、5メートル以上のソーダストロー等があり、まだまだたくさんの鍾乳石等が今後も発見される可能性があります。ただ、この巨大な鍾乳洞はカールズバッド洞窟群国立公園外にも広がっており、ガス田や油田の採掘などで破壊されないか懸念されています。

現在はまだまだ調査段階で一般の観光客は入ることができませんが、広い荒野の下にこのような巨大な鍾乳洞が広がっているかと思うと不思議な気持ちになりますね。

アメリカの世界遺産 カールズバッド洞窟群国立公園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す