ラ・コンパニーア聖堂|キトの市街

ラ・コンパニーア聖堂

エクアドルの世界遺産「キトの市街」にあり、同国内において最高のバロック建築と称される聖堂が、ラ・コンパニーア聖堂です。

ラ・コンパニーア聖堂の建設

ラ・コンパニーア聖堂は、サン・フランシスコ聖堂・修道院建設後の1605年にドイツ人イエズス会士レオンハルト・ドイブラーの設計により建設が着工しました。その後、イタリア人のベネッチオ・ガンドロフィットに引き継がれ、160年以上もの年月をかけ完成しました。

ラ・コンパニーア聖堂の見どころ

ラ・コンパニーア聖堂|キトの市街2

ラ・コンパニーア聖堂は、外観の聖人や天使などの彫刻、らせん状の円柱も素晴らしいですが、最大の見どころは聖堂内部の総重量約7tもの金箔で覆われた豪華絢爛な主祭壇です。ラ・コンパニーア聖堂が、別名・黄金の聖堂とも呼ばれている所以です。また、祭壇中央には、「奇跡の絵」とも呼ばれる聖人マリアナの絵が飾られており、こちらもラ・コンパニーア聖堂の見どころの一つとなっています。

 

バロック様式とキト派の美術、そしてイスラム装飾が見事に融合したラ・コンパニーア聖堂の内部は、「キトのシスティーナ聖堂」と称されるほど、スペイン植民地時代のエクアドルを象徴する場所となっています。

「ラ・コンパニーア聖堂」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 エクアドル
世界遺産名キトの市街
名称 ラ・コンパニーア聖堂
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。