photo credit: ramnath bhat Kumbahlgarh Fort- Rajasthan via photopin (license)

クンバルガル・フォート

2013年インドの世界文化遺産として登録された「ラージャスターン州の丘陵要塞群」の6件ある構成資産のひとつが、クンバルガル・フォートです。

クンバルガル・フォートとは

photo credit: Honza Soukup Many temples are there via photopin (license)

photo credit: Honza Soukup Many temples are there via photopin (license)

クンバルガル・フォートは、ラージャスターン州ウダイプルから北西約80kmの位置にあります。城は、2世紀のジャイナ教徒の建物が起源となっていますが、その後15世紀にヒンドゥー教の王朝であるメーワール国のクンバ王によって強固な城壁が建設されます。城の名前「クンバルガル」は、クンバ王の名前が由来となっています。

クンバルガル・フォート内は広く、城内への入口である城門をくぐると、宮殿までは上り坂を進んでいきます。宮殿の中心となるのがバダル・マハル。ここには、彩色されたゾウの壁画が残っており、クンバルガル・フォートの見どころのひとつとなっております。

城内には、宮殿以外にもヒンドゥー教とジャイナ教の寺院が点在しています。

「クンバルガル・フォート」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 インド
世界遺産名ラージャスターン州の丘陵要塞群
名称 クンバルガル・フォート
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。