ハーン・ハリーリ



ハーン・ハリーリは、エジプトの世界遺産「カイロ歴史地区」のイスラム地区にあります。

ハーン・ハリーリとは

photo credit: DSC09438 via photopin (license)

photo credit: DSC09438 via photopin (license)

ハーン・ハリーリは、14世紀末ブルジー・マムルーク朝の初代スルタン、バルクークの時代に開かれたスーク(市)です。当時の姿のまま保存されており、現在では、カイロを訪れる観光客が必ず立ち寄る観光名所となっています。

エジプトで最も神聖といわれる「アル・フセイン・モスク」の西側一帯がハーン・ハリーリのスークとなっています。スーク内は、細く曲がりくねった道が何本にも分かれていて、まるで迷路に迷い込んだよう。

道の両側には、宝石類や金銀銅などの金属細工、アンティーク、また民族衣装や象牙細工の工芸品などが売られており、いつ行っても見飽きない場所となっています。

エジプトの世界遺産 カイロ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す