春日山原始林



春日山原始林は奈良県奈良市の東方にあり、古都奈良の文化財のひとつとして世界遺産に登録されました。

標高は498m、約25haの広さがあり、伐採や災害にあっておらず、人手が加えられていない自然のままの林です。

古来より春日大社の神域とみなされており、841年(承和8年)からは狩猟と伐採が禁じられました。自然に対する信仰と日本人の自然観が結びついた結果、この姿で保存されてきたという経緯があるため、文化遺産としての登録となっています。

樹木の種類は、常緑広葉樹(カシやシイ)の暖帯林が多くを占めますが、蔓性植物やシダ植物、温帯性や寒帯性の植物も混じっており、およそ800種の植物が見られます。昆虫や鳥類も多数生息しています。

16世紀に豊臣秀吉によるスギの木1万本の伐採があったり、台風災害からの回復のために補植を行ったりしているので、厳密には原始林ではないのですが、市街地に近い所のこのような原生林があるのはとても珍しく、学術的にも非常に価値が高いとされています。同時に奈良の景観保護にもなっています。

 

遊歩道が設置されているので、四季折々の植物をハイキングしながら楽しむことができます。特に紅葉の季節はキレイですよ。

日本の世界遺産 古都奈良の文化財

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す