カムペーンペット歴史公園

カムペーンペット歴史公園はタイのカムペーンペット県にあり、世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」を構成する資産のひとつです。

カムペーンペットは「金剛の城壁」という意味で、ビルマからの侵攻を防ぐ目的で造られたといわれています(城壁は南北2200m、東西500×250m)。それまではチャーカンラーオと呼ばれていました。

カムペーンペット歴史公園とは?

カムペーンペット歴史公園にある寺院・遺跡の歴史は、14世紀にスコータイ王朝のリタイ王がワット・プラシーマハータートという仏教寺院を造ったという記録があります。かつては多くの寺院があったそうですが、1767年のビルマ軍の侵攻によってほとんど崩壊してしまいました。

クメール様式の建造物がほとんど見つかっていないため、影響が薄いと考えられています。そのため、カムペーンペット独自の様式が生み出されてきました。

カムペーンペット歴史公園 城壁内

ワット・プラケーオ

かつての王宮に隣接していたという、カムペーンペット最大級の寺院です。王専用で、僧侶のための場所はありませんでした。

ワット・プラタート

photo credit: CIMG3764 via photopin (license)

photo credit: CIMG3764 via photopin (license)

リタイ王が建設した寺院で、中心の仏塔(チェディー)はカムペーンペット独自の様式です。

カムペーンペット歴史公園 城壁外

ワット・プラノーム

photo credit: CIMG3748 via photopin (license)

photo credit: CIMG3748 via photopin (license)

ラテライト(紅土)が使われており、大きな柱は1つの岩から切り出されているために継ぎ目がありません。

ワット・プラシーイリヤボート

四面に分かれている壁には、各々の前に仏像(遊行仏・座禅仏・直立仏・涅槃仏)がありましたが、現在はカムペーンペット独自の直立仏だけが残されています。

ワット・チャーンロープ

台座をずらりと取り巻く象の彫刻が特徴です。スコータイ歴史公園、シーサッチャナーライ歴史公園にも同様のモチーフが見られます。

 

公園内にはカムペーンペット国立博物館があり、発見された遺物の保存と研究が行われています。ヒンドゥー教のシヴァ神の像はとても有名なものなので、ここに来たらぜひ見に行ってみてください。

「カムペーンペット歴史公園」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 タイ
世界遺産名スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町
名称 カムペーンペット歴史公園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。