トゥルナン寺



トゥルナン寺は、中国チベット自治区の首府ラサにある、チベット仏教の寺院。中国名を「大昭寺」といいます。「ジョカン(本堂に相当する部分の名称)」、または、本堂を示すツクラカンを合わせて、「トゥルナン・ツクラカン」とも呼ばれています。1994年登録の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録(2000年)されました。

トゥルナン寺の建立

チベットを統一した吐蕃の第33代国王ソンツェン・ガンポ王の妃・文成公主により、7世紀に建立されました。文成公主は唐の皇女で、本尊となった釈迦牟尼仏金像は、彼女が唐から持参したものだそうです。

トゥルナン寺 内部

寺の内部には多くのお堂と仏像があり、正殿に、本尊の釈迦牟尼金像が配置されています。マニ車という、経文がおさめられた仏具がいくつも置かれており、これを右回りに回しながら回廊を歩くことができます。マニ車を一度回せば、お経を一度唱えたことになるそうです。

 

正門の前では、熱心なチベット仏教徒たちが五体投地の祈りを捧げている様子を見ることができ、ここが信者にとっての憧れの聖地であることがうかがえます。

中国の世界遺産 ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す