嘉峪関|万里の長城|世界遺産オンラインガイド

photo credit: via photopin (license)

嘉峪関

中国を貫くように築かれた万里の長城において、山海関居庸関、とともに三大関として知られているのが嘉峪関(かよくかん)です。

嘉峪関とは

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

嘉峪関は、甘粛省嘉峪関市の市街地から6kmほどの場所にあります。万里の長城の最西端の関所で、南は、祁連(きれん)山脈、西はゴビ灘、東は酒泉盆地に囲まれた地に、モンゴル民族の侵入を防ぐために築かれました。

嘉峪関の見どころは、天下雄関と称えられた関城。1372年建設が始まり、約168年の歳月をかけて1540年に完成しました。関城は、内城、瓮城(おうじょう)、羅城(らじょう)、外城、城壕で構成され、高さ11mの城壁で囲まれています。

中でも中心である内城には、東に光化門と西に柔遠門があり、その他櫓や楼閣、望楼、水門などがあります。万里の長城に残る関所の中でも、もっとも完璧に形を留めている関所の一つとされています。

「嘉峪関」のデータ

   
国名 中国
世界遺産名万里の長城
名称 嘉峪関
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。