photo credit: Jeju Island via photopin (license)

済州島の火山

済州火山島と熔岩洞窟群」は、韓国済州(チェジュ)島にあり、韓国初の世界遺産に登録されました。

済州島は、約180万年前の火山活動によってつくられた島で、韓国で絶滅危機や保護野生種に指定されている生物の約2分の1が生息しているそうです。漢拏山天然保護地域、城山日出峰、拒文オルム(岳)熔岩洞窟系の3つの地域にわけられます。

漢拏山(ハルラサン)天然保護地域

photo credit: IMG_6555 via photopin (license)

photo credit: IMG_6555 via photopin (license)

済州島の中心部には、漢拏山(ハルラサン)という、韓国で最高峰の休火山(1950m)がそびえます。ここは生態系の宝庫といわれ、亜熱帯から寒帯までの様々な動植物が見られます。

漢拏山の頂上部には白鹿潭(ペンノクタム)という火山湖があり、ここから熔岩が海岸線へと流れ出し、熔岩洞窟などを作ったそうです。また、頂上部には氷河時代の寒帯植物が自生しています。

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)

photo credit: Jeju Island via photopin (license)

photo credit: Jeju Island via photopin (license)

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)は、済州島に360ある小火山のひとつです。約5000年前に浅瀬で火山が噴火しつくられた噴火口で、高さが約182mあり、1年を通じて日の出が見られる絶景スポットとして、多くの観光客が訪れています。

 

気候の良い時期には、たくさんの人々がハイキングを楽しむなど、景観の美しさで知られています。御来光を浴びて、珍しい植物や動物たちに出会えるチャンスが、こんなにも近くにあるなんて、ご存じでしたか?

「済州島の火山」のデータ

   
国名 韓国
世界遺産名済州火山島と溶岩洞窟群
名称 済州島の火山
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す