サント・トメ教会

スペインの「古都トレド」にあるサント・トメ教会は12世紀にアルフォンソ6世が建造した教会。

荒廃していた教会をオルガス伯爵が私財を投じ14世紀に再建しました。そのときに建築された、教会のシンボル「モサラベの塔」は現在トレドに残る最も素晴らしいムデハル様式といわれています。当時のイタリア画風をとり入れたエル・グレコの最高傑作のひとつ「オルガス伯爵の埋葬」を展示していることで人気の教会です。

エル・グレコ「オルガス伯の埋葬」

黄色い壁のこぢんまりとした教会中部に、堂々と存在感を表すエル・グレコ最高傑作のひとつである「オルガス伯の埋葬」がサント・トメ教会の一番の見どころです。この教会の教会司祭の依頼によって、1586年から1588年にかけて描かれました。

入り口から入ってすぐにあるオルガス伯のお墓の上に飾られている絵は、縦4.8m、横3.6mもある大きいもので、天界と地上の2部構成になっており、上部には魂の昇天、下部には肉体の埋葬が描がれています。この絵の中に目線が合う人物が2人います。それがグレコ自身と息子といわれています。

魂の昇天(上部)

上部には、これからオルガス伯の魂を迎えようとするイエス・キリストと聖母マリアを中心に天上界の光景が描かれています。黄色い服を着て鍵を持った天国の番人のペテロの姿も見えます。また、ほぼ中央には天使に抱かれて、今まさに伯爵の魂が捧げられる場面も魅力的です。

肉体の埋葬(下部)

下部には埋葬を表現した現世が印象的に描かれています。トレドの守護者である聖アウグスティヌスと聖ステファノが店から降りてきたという伝説よりをモチーフに描かれています。埋葬されるオルガス伯を見守る人々はトレド実在の名士たちで、その肖像だといわれています。ひとりひとりの表情が印象的で、オルガス伯爵は信心深い篤志家で、正義感に満ちた騎士であったといわれる人柄が偲ばれます。

まとめ

「オルガス伯の埋葬」は門外不出となっているのでこの教会に訪れない限り見ることができません。またグレコの息子の洋服のポケットにはグレコのサインと息子の生年が書かれたハンカチも印象的なので注目してくださいね。オルガス伯爵はグレコよりずっと前に生きた名士で、実際にはグレコと同じ時代は生きていません。亡くなった後でも大切にされるオルガス伯爵の功績は、この教会にとって多大なものだったのではないかと想像されます。

「サント・トメ教会」のデータ

   
国名 スペイン
世界遺産名古都トレド
名称 サント・トメ教会
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す