photo credit: Turol Jones, un artista de cojones 24092006 121617 ZGZ 1213 via photopin (license)

サン・パブロ教会の塔と教区教会



サン・パブロ教会の塔と教区教会は、スペインの世界遺産「アラゴンのムデハル様式の建築物」の構成資産のひとつです。

サン・パブロ教会の塔と教区教会とは

photo credit: Turol Jones, un artista de cojones 27072008 115455 ZGZ 3130 via photopin (license)

サン・パブロ教会の塔と教区教会は、スペイン北東部サラゴサにあり、同じくサラゴサにある「ラ・セオの後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム」や「アルハフェリア宮殿」などと共に2001年に世界遺産に登録されました。

サン・パブロ教会の塔と教区教会は、13世紀後半から14世紀初頭にかけて建設されました。もとは、ロマネスク様式の教会がありましたが、元の教会の代わりとしてムデハル様式の教会として、新たに建設されたのがサン・パブロ教会でした。

サン・パブロ教会 内部

教会には、八角形のムデハル様式の鐘楼があり、外観だけ見ると教会というよりはモスクを思わせるような造りとなっています。しかし、教会の内部に入ると一変し、中央の主祭壇やイコンなどの迫力と美しさに圧倒されます。

スペインの世界遺産 アラゴンのムデハル様式の建築物

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す