イブン・トゥールーン・モスク



イブン・トゥールーン・モスクは、エジプト・カイロ歴史地区のイスラム地区にあります。

イブン・トゥールーン・モスクとは

photo credit: Looking Down via photopin (license)

photo credit: Looking Down via photopin (license)

イブン・トゥールーン・モスクは、エジプトにトゥールーン朝を開いたアフマド・イブン・トゥールーンの命により879年に建設されました。また、カイロに現存するモスクの中で最も古く、敷地もカイロで最も広い面積を有しています。

ミナレット

イブン・トゥールーン・モスクには、高さ40mのミナレットがあります。このミナレットですが、外側に螺旋階段が設置された大変珍しいもので、これはアフマド・イブン・トゥールーンが青春時代を過ごしたイラクのサーマッラーにあるモスクを真似たものと言われています。頂上からは、モスクの建築美を望め、またカイロの町やギザのピラミッドまで見渡すことができます。

エジプトの世界遺産 カイロ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す