黄花城長城



黄花城(こうかじょう)長城は、万里の長城の中でも水に沈んだ長城として有名です。

黄花城長城(水長城)

北京から約65km、懐柔県に黄花城長城はあります。もともと黄花城長城は、水に沈んでいたのではなく、長城があった山にダムができ分断されたため、現在のような景観になりました。黄花城長城は、ダム湖に沈んでいるかのように見えることから「水長城」と呼ばれています。

黄花城長城は、八達嶺のように観光整備せれていません。そのため、建造当時の城壁やレンガなどが、長い時間の経過とともに破損した状態のまま残っています。また、見張り台や関所も同じように手を加えられることなく残っています。

万里の長城といえば、八達嶺山海関慕田峪が有名ですが、黄花城長城はほかの頂上に比べると穴場中の穴場といえる場所です。

中国の世界遺産 万里の長城

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す