ヴァン・エトヴェルド邸

ヴァン・エトヴェルド邸は、ベルギーの首都ブリュッセルにあり、2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。

ヴァン・エトヴェルド邸とは

ヴァン・エトヴェルド邸は、外交官としてコンゴ自由国(現:コンゴ民主共和国)へ赴任していたヴァン・エドヴェルドの私邸として建設されました。1897年から1901年に掛けて建設された邸宅は、建物の中心にメタル支柱を使用したドーム状のステンドグラスがあります。そこから光が入り、建物内の井戸に降り注ぐ設計となっており、オルタの傑作といわれています。

ヴァン・エドヴェルド邸は、完成後も幾度か増改築が行われています。オルタの建築スタイルが徐々に変化・発展していく過程を見ることができる貴重な建築物です。

「ヴァン・エトヴェルド邸」のデータ

クリックすると地図が表示されます。

   
国名 ベルギー
世界遺産名建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)
名称 ヴァン・エトヴェルド邸
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。