タッセル邸



ベルギーの首都ブリュッセルにあるタッセル邸は、2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群には、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヴィクトル・オルタが建築した4つの邸宅が世界遺産に登録されています。ヴィクトル・オルタは、アール・ヌーボー建築の先駆けとなった人物です。アール・ヌーボー建築は、ベルギーからその後、パリ、ウィーンに伝播していきました。

タッセル邸とは

photo credit: stevecadman Hôtel Tassel via photopin (license)

photo credit: stevecadman Hôtel Tassel via photopin (license)

タッセル邸は、オルタが手掛けた邸宅の中で最も古く1894年に建設されました。

建築に、アール・ヌーボーを取り入れた世界初の作品で、それまでの住宅の空間概念を打破した作品でもあります。

また、当時としては、新素材だった鉄とガラスを大胆に使用し、建物自体が一つの美術作品のように仕上げられています。

タッセル邸は、大学教授であったタッセルの私邸として建てられました。タッセルの要望に沿って設計された邸宅は、正面のドアを入ると、応接室、クローク、邸宅へ続く3つのドアがあり、訪問客が訪れた際は、邸宅へ招き入れるのではなく応接室で対応していたといいます。

タッセル邸は、私邸ということもあり、一般には公開されていませんが、ブリュッセルを訪れたなら、外観だけでもご覧ください。

ベルギーの世界遺産 建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す