アト・メイダヌ



アト・メイダヌはコンスタンティノープル競馬場ともいい、トルコのイスタンブルにあります。アヤ・ソフィアスルタンアフメト・モスク(ブルー・モスク)などと共に、「イスタンブルの歴史地区」のひとつとして世界遺産に登録されました。

アト・メイダヌはトルコ語で「馬の広場」という意味です。ヒッポドロームとも呼ばれますが、これはギリシャ語で馬を指す「hippo」と道を指す「dromes」が合わさり、このように呼ばれるようになりました。競馬場という意味になります。

アト・メイダヌと東ローマ帝国

アト・メイダヌ自体は、コンスタンティノープルがビザンティオンと呼ばれていた時代からありました。324年には、コンスタンティヌス1世がローマからコンスタンティノープルへと遷都し、大規模な都市開発を行います。その時のアト・メイダヌの規模は、長さ450m、幅130mで10万人を収容できたそうです。

ここでは競馬やチャリオットという戦車による競走が行われ、多くの庶民がそれを楽しみました。同時に、皇帝自身もそれを観戦し、庶民と楽しみを分かち合うという形を作ったのです。

一方、戦車にはチームがあり、それぞれのチームには政治勢力がスポンサーとしてついていたため、戦車競走が政治抗争を引き起こすこともありました。

また、ここは皇帝の即位式や凱旋式、公開処刑の場にも使用されていました。

しかし、1204年の第4回十字軍により略奪が行われたため、コンスタンティノープルは徐々に衰退していきます。1453年の東ローマ帝国滅亡の際には、アト・メイダヌはすでに廃墟となっていました。

アト・メイダヌの見どころ

コンスタンティヌス1世やその後の皇帝たちは、アト・メイダヌを様々な装飾品で飾り立てました。多くが失われてしまいましたが、今でも残っているのが、「蛇の柱」と呼ばれるものです。これは、ギリシャのデルポイのアポローン神殿から皇帝が持ってこさせたものです。

トトメス3世のオベリスク

また、テオドシウス1世がエジプトから運ばせた「トトメス3世のオベリスク」(写真手前)もあります。コンスタンティノス7世は自身のオベリスクを建てました。(写真奥)

これらが、現在は公園となっているアト・メイダヌにそびえており、非常に目立つ存在です。

今は競馬場の面影はなく、市民の憩いの場となっていますが、ブルー・モスクを近くに望むこともでき、ロケーションとしては最高の場所です。

トルコの世界遺産 イスタンブルの歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す