ヒエラポリス

ヒエラポリスはトルコ西部のデニズリ県にあり、パムッカレの丘の一番上にある遺跡です。パムッカレと共に「ヒエラポリス・パムッカレ」として世界遺産に登録されました。ヒエラポリスとは「聖なる都市」という意味です。

ヒエラポリスとは?

photo credit: IMG_0675 via photopin (license)

photo credit: IMG_0675 via photopin (license)

ヒエラポリスは、紀元前190年にペルガモン王国のエウメネス2世によって建設された都市で、2世紀にローマ帝国の支配下に置かれました。以後、パムッカレから湧き出る温泉を利用し、帝国の保養地として繁栄しました。

たびたび地震が起こり損害を受けましたが、ローマ帝国の庇護のもと復興していました。しかし支配が東ローマ帝国へと変わり、セルジューク朝が攻め込んでくると、ヒエラポリスは滅びへと向かいます。そして致命的打撃となったのが、1354年の大地震でした。都市は崩壊し、廃墟となってしまったのです。

そんなヒエラポリスには、ローマ帝国時代の遺跡が多く残されています。ローマ式の円形劇場は、2世紀にハドリアヌス帝によって建てられたもので、15000人から20000人を収容できたそうです。保存状態も良く、当時のローマの勢いを感じることができます。また、アポロ神殿や浴場の跡が残っています。

ペルガモン王国時代はヘレニズム文化の元に栄え、以後ローマ文化、ビザンティン文化に触れてきたヒエラポリスには、これらの文化が残っている場所があります。そのひとつが、城門の外にある墓所・ネクロポリス(死者の町という意味)で、様々な時代様式の墓が残されています。

 

円形劇場は、入退場者がスムーズに出入りしやすようにと考えて作ったために、傾斜がきつくなったそうです。そのすごさは客席から見てこそなので、ぜひ客席部分から下を見下ろしてみてください。高所恐怖症の方は気を付けて。

「ヒエラポリス」のデータ

   
国名 トルコ
世界遺産名ヒエラポリス・パムッカレ
名称 ヒエラポリス
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す