グアナバラ湾



グアナバラ湾はブラジルのリオデジャネイロにある湾で、「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」の構成資産のひとつとして世界遺産に登録されました。

グアナバラ湾とは?

グアナバラ湾は1502年にポルトガル人によって発見されました。湾口が幅1.5㎞と狭まっているため川と間違えられ、それがリオデジャネイロ(1月の川)の名前の由来となりました。

大西洋に面したこの湾は、南北31㎞、東西の広い部分で28㎞あり、ブラジルで2番目に広い湾です。湾の西の入口には奇岩ポン・ヂ・アスーカルがあります。これとグアナバラ湾が市街地と調和した光景が、世界遺産登録の要因ともなりました。この美しい光景は、コルコダードの丘から一望することができます。

グアナバラ湾に面した海岸には、戦没者慰霊塔や近代美術館があるフラメンゴ公園があります。また、沿岸部には、ブラジル最大の保養地として世界的にも有名なコパカバーナ海岸があります。

 

グアナバラ湾|リオデジャネイロ山と海との間のカリオカの景観群一望してみると、湾口がキュッと狭まっているのがよくわかります。この湾の形の面白さを知るには、コルコダードの丘から眺めてみるのが良いかもしれませんね。

ブラジルの世界遺産 リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す