photo credit: sludgegulper Berlin Siemensstadt via photopin (license)

グロースズィードゥルンク・ズィーメンスシュタット



ドイツの首都ベルリンにある「ベルリンのモダニズム集合住宅群」の構成資産の中で、最後に建築された集合住宅が、グロースズィードゥルンク・ズィーメンスシュタットです。

グロースズィードゥルンク・ズィーメンスシュタットとは

photo credit: sludgegulper Berlin Siemensstadt via photopin (license)

photo credit: sludgegulper Berlin Siemensstadt via photopin (license)

ベルリンのシャルロッテンブルク=ヴィルマースドルフ地区にあるグロースズィードゥルンク・ズィーメンスシュタットは、1929~34年にかけて建設されました。

建築の責任者は、マルティン・ヴァーグナーですが、各住宅の設計は、ハンス・シャロウンをはじめとする「デル・リンク」と呼ばれる建築家の団体が行いました。各設計者によって建物のデザインが異なっていますが、全体として緑あふれる住宅地となっています。

グロースズィードゥルンク・ズィーメンスシュタットは、1934年に完成しますが、これが最後の集合住宅となります。1933年、ナチス政権がドイツを掌握すると、モダン建築はナチスによって圧力が掛かります。モダニズム集合住宅群の建築を先導したブルーノ・タウトも亡命を余儀なくされ、ドイツを追われたタウトは、その後、日本文化と出会い、数年日本に滞在することとなります。

ドイツの世界遺産 ベルリンのモダニズム集合住宅群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す