photo credit: Humbled 1 via photopin (license)

クフ王のピラミッド



クフ王のピラミッド、別名「ギザの大ピラミッド」は、エジプトのギザにあります。メンフィスとその墓地遺跡のひとつとして、世界遺産に登録されました。ギザの砂漠にある3基のピラミッドは「ギザの三大ピラミッド」と呼ばれ、クフ王のピラミッドはこのうちの1基にあたります。

ギザの大ピラミッド「クフ王のピラミッド」

ピラミッドの大きさは、完成時の高さは146m(現在は138m)、底辺は230m、勾配は51.5度で、誤差が非常に少なく正確です。ピラミッド建築の中でも最も優れており、いちばん大きなものです。2.5tの石灰岩を270万~280万個も積み上げて作られており、当時の石積みの技術の高さもうかがい知ることができます。

14世紀にイングランドのリンカン大聖堂が建てられるまでは、世界でいちばん大きな建造物でした。

クフ王のピラミッド建造と発掘の歴史

クフ王のピラミッドは、紀元前2560年ごろに約20年の歳月を費やして作られました。クフ王は、エジプト古王朝時代の第4王朝のファラオで、彼の墳墓がこのピラミッドになります。しかしクフ王のミイラ自体は、ここから発見されていません。

クフ王のピラミッドは、1839年にイギリス軍人のハワード・ヴァイスによって発見されました。彼は、ピラミッド内部にあり、王の間にかかる重量を軽減するために造られたとする「重量軽減の間」にクフ王の名前を見つけ、ここがクフ王のピラミッドであると結論づけたのです。

謎多き船「太陽の船」

1954年には、長さが43mもある「クフ王の船(太陽の船」がクフ王のピラミッド付近で発見されましたが、この船が何を意味するのものか、まだ正確には分かっていません。そして、1987年には日本の発掘隊によって第二の船が発見され、復元作業が行われていく予定となっています。

 

まだまだわからないことだらけのピラミッドですが、それが私たちの興味をそそるのだと思います。解明されない謎が解明されるのを今か今かと待っているこの瞬間が、いちばんワクワクするのかもしれませんね。

エジプトの世界遺産 メンフィスとその墓地遺跡 – ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す