photo credit: fvanrenterghem IMG_0630 via photopin (license)

ルーヴェンのベギン会大修道院



1998年世界遺産に登録された「フランドル地方のベギン会修道院」には、13件の構成資産があります。そのうちのひとつがルーヴェンのベギン会大修道院です。

ルーヴェンのベギン会大修道院とは

photo credit: Jean & Nathalie Leuven: Groot Begijnhof via photopin (license)

ルーヴェンは、ベルギー北部にある都市です。街には、「フランドル地方のベギン会修道院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」の2つの世界遺産が存在しています。

ルーヴェンのベギン会大修道院は、13世紀初頭に建てられました。修道院というと建物が何棟か建っているものと想像しがちですが、ルーヴェンのベギン会大修道院には、修道院だけでなく、家や広場、敷地内には川も流れ、道はすべて石畳という、まさにひとつの街のような場所です。

13世紀に創設されてから、17世紀には数百人もの女性が暮らしていた修道院ですが、20世紀後半に最後のベギン会の女性が亡くなったため、現在は、ルーヴェンカトリック大学の教授や学生たちなど関係者が住んでいます。

ベルギーの世界遺産 フランドル地方のベギン会修道院

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す