ゲーテ・ハウス

ゲーテ・ハウスは、1998年に世界文化遺産に登録された「古典主義の都ヴァイマル」の11件ある構成資産のひとつです。

ヴァイマルとは

ドイツ中西部にあるヴァイマルは、18世紀半ばから19世紀半ばにかけてゲーテやシラーなど多くの文化人が集まり、「ヴァイマル古典主義」といわれる文芸作品が誕生した文化と芸術の都です。

ヴァイマル古典主義の代表ゲーテ

ゲーテは、ヴァイマル古典主義を代表する作家です。ゲーテは、ザクセン・ヴァイマル公カール・アウグストに招かれ、1775年にヴァイマルの街を訪れました。当初、賓客として招かれましたが、翌年には若干26才の若さで最高政治機関である枢密院の参事官として、銀鉱山の再開発や道路建設、教育、芸術などの振興に携わりました。

ゲーテ・ハウスとは

ゲーテ・ハウスは、1707~1709年に建設されたバロック式の邸宅です。ゲーテは、33歳の時に当時住んでいたイルム公園内の住まいから、ゲーテ・ハウスへ引っ越します。それから亡くなる83歳までの50年間、ゲーテ・ハウスで暮らしました。邸宅は、イタリアを旅行した際に感銘を受けたゲーテが、イタリア美術を参考に自らデッサンを描き、自分好みの邸宅を造り上げました。

ゲーテ・ハウス 邸宅内部

邸宅内部には、1階から3階までを貫く螺旋階段や「魔王」や「ファウスト」が誕生した書斎、マヨーリカの陶器コレクションを収めた「マヨーリカの間」や胸像を飾るための部屋「胸像の間」などがあります。現在、ゲーテ・ハウスは博物館として一般に公開されており、偉大な作家の生涯を知ることができる貴重な場所となっています。

「ゲーテ・ハウス」のデータ

   
国名 ドイツ
世界遺産名古典主義の都ヴァイマル
名称 ゲーテ・ハウス
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す