聖ガブリエル・聖ラファエル教会

聖ガブリエル・聖ラファエル教会は、1978年に世界遺産第1号として登録された12件のうちのひとつ「ラリベラの岩窟教会群」の構成資産のひとつです。

聖ガブリエル・聖ラファエル教会とは

ヨルダン川南東側にある聖ガブリエル・聖ラファエル教会は、入り口を共有しており南北に至聖所があります。

教会は、要塞のような外観で、古代アクスム(1世紀前後に建国された都市:1980年アクスムの考古遺跡として世界遺産登録)の影響を受けた建築です。内部は不規則な間取りとなっており、一部の専門家からは、もともとは教会として建築されたのではなく、王家の住まいだったのではないかと考えられています。

教会の脇には、両側が断崖となった階段があり、この階段を登りきった者は天国へ行けると信じられてきたそうです。

「聖ガブリエル・聖ラファエル教会」のデータ

   
国名 エチオピア
世界遺産名ラリベラの岩窟教会群
名称 聖ガブリエル・聖ラファエル教会
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す