ディオクレティアヌス宮殿の前庭



約1700年前に建設されたディオクレティアヌス宮殿の南門から北へ進み地下を通ると、円形の広間に辿り着きます。ここがかつて皇帝私邸の玄関広間です。

皇帝私邸の前庭

広間が前庭となっており、かつてモザイクで装飾され円屋根があった天井を見上げると、丸く穴が開きちょっと不思議な空間です。

その大きな穴からは大聖堂の鐘楼やクロアチアの青空が綺麗に見えとても素敵です。16世紀ごろまでは円屋根が残っていたといわれています。

大聖堂の鐘楼の上から前庭を見下ろすと、ぽっかり空いた穴の周りには「円屋根がかかっていたのでは?」と思える痕跡が見えます。

壁の所々に開けられたくぼみはかつて彫像が置かれていました。モザイクや彫像で飾られていたドームは技術的にも高かったようです。

クロアチア伝統音楽クラパ

photo credit: Croatia-01387 via photopin (license)

photo credit: Croatia-01387 via photopin (license)

ドーム状の前庭は音響効果がよいことからクラパがよく歌われています。クラパとはクロアチアの伝統音楽で、男性のアカペラコーラスです。

スプリットは有名グループを輩出する街としても知られ、街角の所々で歌うグループによく出会います。また、様々なパフォーマンスも行われるのでクロアチアの伝統に触れられる最高のスポットです。

観光客の記念撮影スポット

この丸く開けられた天井窓は絶好の記念撮影スポットとなっています。鐘楼の頭が見えるように、南西方向から撮影するのがBESTです。

ここは、ピークになると人で溢れるくらい込み合うので、混まないうちに訪れて素敵な写真を撮ってくださいね。

まとめ

photo credit: Croatia-01394 via photopin (license)

photo credit: Croatia-01394 via photopin (license)

伝統音楽である「クラパ」を音響効果の高い世界遺産の中で聞くことができるのは最高の贅沢です。この前庭は無料で訪れることができ、多彩なパフォーマンスも行われているので寄ってみる価値ありです。

クロアチアの世界遺産 ディオクレティアヌス宮殿があるスプリトの歴史的建造物群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す