聖エルモ砦



ヴァレッタ市街があるシベラス半島の先端にあるのが聖エルモ砦です。ヴァレッタの市街が建設される前から同じ位置に小さな砦はありましたが、1551年聖ヨハネ騎士団によって、オスマン帝国軍を迎え撃つべく本格的な砦が建設されました。

1565年オスマン帝国との戦いでは激戦の地となり、多数の騎士が戦死したといいます。聖エルモ砦は、約1ヶ月にわたってオスマン軍の攻撃を凌ぎましたが、最終的には陥落してしまいます。しかし、この砦で必死に抵抗したことにより援軍が間に合い、聖ヨハネ騎士団は勝利を手にすることになりました。勝利を得た騎士団は、団旗を聖エルモ砦に掲げたといいます。

聖ヨハネ騎士団を催した軍事演習パレード「イン・ガーディア」

現在、聖エルモ砦では、毎月、日曜日(注:開催されない月もあります)に騎士団を催した軍事演習パレード「イン・ガーディア」が行われます。騎士団の衣装を身に纏った人々が、華麗な剣舞や大砲発射の実演などを披露しており、その壮大さに目を奪われます。

聖エルモ砦からは、地中海の美しい海もヴァレッタ市街も一望できます。眼の前に広がる景色を見ながら歴史に思いを馳せるのも一つの過ごし方かもしれませんね。

マルタの世界遺産 ヴァレッタ市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す