エル・エスコリアル修道院



エル・エスコリアル修道院はスペインンのマドリードの北西にあるサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルの街にあります。「マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地」として世界遺産に登録されています。

エル・エスコリアル修道院とは?

エル・エスコリアル修道院はグアダラーマ山脈の麓に、フェリペ2世の命により、1557年のサン=カンタンの戦いの勝利を記念して建てられました。王家の墓所としての目的のほか、スペインの反宗教改革の研究施設としての目的もありました。

宮殿や修道院、博物館、図書館からなる巨大な複合施設となっており、東西206m、南北161mもあります。建築には1563年から1584年までの21年を要しました。

設計に関わったのは、フアン・バウティスタ・デ・トレード、ジョヴァンニ・バッティスタ・カステッロ、フアン・デ・エレーラの3人で、スペイン・ルネサンス様式の建物となりました。特にエレーラのオリジナルのアイデアが採用されているため、エレーラ様式とも呼ばれています。

莫大な芸術の宝庫として知られ、ティッツィアーノ、ティントレット、エル・グレコ、ディエゴ・ベラスケスといった巨匠の作品が収められており、図書館にも多くの古文書が収蔵されています。

修道院は夏は王家の離宮として使用されました。フェリペ2世は聖堂の隣に寝室を造り、「王冠を被った修道士」と呼ばれたそうです。

 

もはや修道院の域を超えた、一大ミュージアムと言ってもいいかもしれません。マドリードにも近いので、ここはぜひ訪れていただきたい場所です。

スペインの世界遺産 マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す