エディンバラ城
(エディンバラの旧市街と新市街)



 

スコットランドの首都エディンバラのシンボル、エディンバラ城。「エディンバラの旧市街と新市街」として世界遺産に登録されています。

エディンバラ城の起源

エディンバラ城|エディンバラの旧市街と新市街

スコットランド王国は、6世紀アイルランドから移住してきたスコット人の末裔が、1034年に周辺の諸民族を統合 して造り上げました。その建国当初から、イ ングランドとの領土や覇権争いが絶え間なく繰り返されてきました。

自分たちを「強く小さな民族」と呼ぶこの国の人々は、国力で優位に立つイングランドに何度痛め つけられても、祖国を守るために、不屈の精神で敢然と闘い続けたのです。

エディンバラ城の起源は、7世紀にこの地を支配したノーサンブリア王国の、 エドウィン王が建てた城塞とされています。火山の噴火と地殻の隆起によってできたキャッスル・ロック(130m)と呼ばれる岩山の断崖絶壁は、 天然の要塞として絶好だったのです。

破壊と再建が繰り返されてきたエディンバラ城

エディンバラ城シェークスピアの戯曲で名高いマクベスに父王ダ ンカン1世を殺害されたマルカム3世が11世紀後半に王宮として以来、エディンバラ城はイングランドからの独立戦争や宗教戦争などの抗争の舞台となり、破壊と再建が繰り返されました。

エディンバラの街のどこからでもその姿を見ることが出来るこの城を市民は親しみを込めて「ザ・キャッスル」と呼びます。

イギリスの世界遺産 エディンバラの旧市街と新市街

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す