ダラム城



ダラム城はイギリスのダラムにあり、ダラム大聖堂とともに世界遺産に登録されました。ウェア川を見下ろす丘の上に建っています。

ダラム城の成り立ち

ダラム城は、11世紀にウィリアム1世によって建てられました。ウィリアム1世はかつてノルマンディー公ギヨーム2世と名乗り、イングランド征服を目論みました。1066年のヘイスティングズの戦いに勝利した彼は、ウィリアム1世としてノルマン朝を開き、新王朝の力を誇示するために、ダラム城を建てたというわけです。

ダラム城の建築様式

ダラム城は、石造りで重厚なノルマン様式の建築です。また、モット・アンド・ベーリー型という様式で、これは10世紀から12世紀にかけてヨーロッパで多く用いられた築城形式です。モットとは「小山」、ベーリーとは「外壁」という意味で、手早く建てることができたという点から、ウィリアム1世をはじめノルマン貴族がイングランド・ウェールズ・スコットランドの境界に多く建設しました。

また、ダラム城において有名なのは、当時イギリス最大だった大広間です。高さは14m、長さは30mにもなりました。

1840年からはダラム大学の学生寮となり、現在に至ります。一般人は、ガイドツアーでしか入ることはできません。

ダラム城の大広間は、映画「ハリー・ポッター」シリーズのロケ地となりました。学校の晩餐シーンに登場するそうですよ。ガイドツアーに申し込んででも見てみたいものですね。

イギリスの世界遺産 ダラム城と大聖堂

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す