photo credit: Chateau d'Usse via photopin (license)

ユッセ城



ロワール川とアンドル川の合流地点、シノンの森の中にあるユッセ城は、まさにお伽話に出てくるような外観を持つお城です。

 ロワールの古城「ユッセ城」

ユッセ城|シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷ユッセ城はもともと、要塞として11世紀に築かれたもので、15世紀、シャルル7世の重臣であり、百年戦争で活躍したピュイエ伯が要塞を改築し、その後住居棟が増築されました。

古典様式、ルネサンス様式、ゴシック様式など、様々な建築様式が混在しており、城内では、タペストリー、寄せ木細工の箪笥などの調度品を見ることができます。

眠れる森の美女の舞台になったユッセ城

17世紀、この地を訪れたフランス人童話作家シャルル・ペローは、ユッセ城に魅せられ「眠りの森の美女」を書いたといわれています。

そのため城内には、「眠れる森の美女」の登場人物のロウ人形たちが展示されており、訪れた人たちをお伽の世界へ誘ってくれます。

フランスの世界遺産 シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す