ショーモン城



ロワール川を見下ろす高台にあり美しい花々に囲まれた城が、ショーモン城です。フランスの世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷」に含まれています。

ショーモン城とは

ショーモン城|シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間の ロワール渓谷白壁の外観を持つショーモン城は、もともとは10世紀ブロワ伯爵ユード1世が、アンジュー公フルク・ネラの攻撃からブロワの街を守るために築いた要塞でした。12世紀になるとアンボワーズ家の手に渡り、その後王家にとって重要な城となりました。

15世紀に入るとシャルル1世、シャルル2世の命によりルネサンス様式に改築され、豪華絢爛な城へと変貌を遂げていきます。

ショーモン城を語る上で外せないエピソードは、やはりフランス国王アンリ2世の正妻カトリーヌ・ド・メディシスと王の愛人ディアヌ・ド・ポワティエの確執でしょう。当時、アンリ2世は、ディアヌ・ド・ポワティエをシュノンソー城に住まわせていました。

しかし、アンリ2世がなくなるとカトリーヌ・ド・メディシスは、美しいシュノンソー城を取り戻すため、ショーモン城を買収し、彼女を強制的に住まわせました。ショーモン城は、正妻と愛人の確執を象徴する城となってしまいました。

現在、ショーモン城では、国際的に有名な庭園フェスティバルや現代アートの展示会などが開催され、毎年多くの人々が訪れています。

フランスの世界遺産 シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す