シャルロッテンホーフ宮殿

サンスーシ庭園内にあるシャルロッテンホーフ宮殿は、ドイツの世界遺産「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の構成資産のひとつです。

シャルロッテンホーフ宮殿とは

シャルロッテンホーフ宮殿は、1826年フリードリヒ・ヴィルヘルム3世が、長男であるフリードリヒ・ヴィルヘルム皇子のために建造させた宮殿です。

設計は、バーベルスベルク宮殿も手掛けたカール・フリードリヒ・シンケルが行い新古典主義様式で建築されました。シャルロッテンホーフ宮殿は、シンケルの代表作であり、新古典主義様式の傑作のひとつといわれています。

宮殿の周囲には、インド風の景観を取り入れたイギリス式庭園があり、サンスーシ庭園を手掛けた造園家ペーター・ヨーゼフ・レネーが設計しました。

シンケルの作品であるシャルロッテンホーフ宮殿は、レネー作の庭園が見事に調和したことにより、シャルロッテンホーフ宮殿は、「庭園中の宮殿」の傑作と称えられています。

「シャルロッテンホーフ宮殿」のデータ

   
国名 ドイツ
世界遺産名ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群
名称 シャルロッテンホーフ宮殿
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す