photo credit: robespiero Assembly House II via photopin (license)

チャンディガールのキャピトル・コンプレックス
(ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-)



2016年トルコ・イスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会において登録された「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の17件ある構成資産の一つが、「チャンディガールのキャピトル・コンプレックス」です。

チャンディガールのキャピトル・コンプレックスとは

チャンディガールは、インド北部のパンジャブ州にある都市で、1950年代にル・コルビュジエが都市計画を実現させた街です。当初、チャンディガールの都市計画は、アメリカ人建築家アルバート・メイヤーとマッシュ・ノヴァツキが行っておりました。ところが、ノヴァツキが飛行機事故で亡くなってしまったため、計画は中断してしまいます。そこで、新しい建築家として選ばれたのが、ル・コルビュジエでした。

キャピトル・コンプレックスとは、ル・コルビュジエが設計した行政機関やモニュメントが集まるエリアを指し、高等裁判所、議会棟、行政庁舎、オープン・ハンド・モニュメント、影の塔と呼ばれる建造物があります。高等裁判所や議会棟など、現在も建設当初と同じように使用されている建物もあるため、議会中などは、中に入ることは勿論建物に近づくことも許されないそうです。

高等裁判所

photo credit: Aleksandr Zykov Chandigarh Hight Court via photopin (license)

カラフルな3本の柱が印象的な建物で、1960年に完成しました。2重構造の屋根は傘のような役割を果たしており、インドの強い日射しと大雨に対応するように設計されています。

行政庁舎(セクレタリアット)

photo credit: Aleksandr Zykov Secretariat via photopin (license)

1953年に建設された8階建ての建物で、全長245メートル、高さは42メートルあります。

オープン・ハンド

photo credit: diametrik Open Hand sculpture via photopin (license)

ル・コルビュジエがデザインを手掛けたチャンディガールのシンボル。風が吹くとゆっくりと回転します。

 

立法議会棟(ヴィダン・サバ)

photo credit: Aleksandr Zykov Palace of Assembly via photopin (license)

パンジャブ州の立法議会棟で、1961年に建設されました。

ちなみに、影の塔は、何処にあるかというと・・・・ぜひ現地に行かれた時に探してみてください!

インドの世界遺産 ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

レビューを書く
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す