チェーン・オブ・クレーターズ・ロード



チェーン・オブ・クレーターズ・ロードは、ハワイにあるキラウエア火山のキラウエア・カルデラを囲むクレーター・リム・ドライブから南へ溶岩の間を海へ向かってくねくねと走る全長約30キロの道です。道路自体は舗装されており走りやすい道ですが、周囲は延々と溶岩の大地が連なっており、不思議な光景です。

ケアラコモ展望台

photo credit: more via photopin (license)

photo credit: more via photopin (license)

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードを進むと展望台があります。ここからの眺めはとても素晴らしく、眼前には青い海が広がり、その手前の大地は溶岩が流れた跡の黒い筋が幾つも見られます。

エンド・オブ・クレーターズ・ロード

この道の終点がデッド・エンドとも呼ばれた、流されてきた溶岩によって、道が寸断された場所でした。以前はここから溶岩の上を歩いて、溶岩が海へ流れ込む様子が見られるポイントまで行くことができていましたが、現在は溶岩の流れも変わり、見られなくなってしまいました。溶岩がふさいでいたこの道も工事が行われ、カラパナとを結ぶ緊急用道路となり、通行止めとなっています。

ホーレイ・シー・アーチ

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード|ハワイ火山国立公園 (4)エンド・オブ・クレーターズ・ロードから海側へ行くとアーチ状になった溶岩の断崖があります。高さが27メートルほどで、100年ほどかけて、溶岩の柔らかな部分が波に浸食されてできたものです。

プウ・オオ火口

現在最も活動を続けているのがプウ・オオ火口です。1990年には海岸の町、カラパナを溶岩がのみこんでしまいました。チェーン・オブ・クレーターズ・ロードへ流れ込んだもこの火口からの溶岩でした。また2014年にはパホアの町方面に溶岩が流れ出しましています。ヘリコプターによる遊覧飛行でこの火口を見ることができます。また流れ出る溶岩も上空から見られるかもしれません。

アメリカの世界遺産 ハワイ火山国立公園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す