photo credit: Casa Vicens via photopin (license)

カサ・ビセンス



スペインの世界遺産「アントニ・ガウディの作品群」の1つであるカサ・ビセンスは、バルセロナのグランシア地区にある彼がはじめて住宅設計をした邸宅。

タイル工場で財を成した実業家のマヌエル=ビセンスの依頼により、1883~1888年にかけて夏の邸宅として建設された、ムデハル様式というイスラム建築にキリスト教の建築が融合された作品です。

ビセンスがタイルやレンガを扱う事業をしていたので、タイルとレンガを無限に使うことができ、緑と白のタイルを規則的に配置し赤いレンガの骨格とのバランスのよさが際立っています。イスラム建築のエキゾチックで幾何学的な要素と西洋建築がうまく合わさった建物です。

photo credit: Casa Vicens via photopin (license)

photo credit: Casa Vicens via photopin (license)

アラブ風の外観がユニークでタイル使いの美しさが特徴。初期の作品ということでガウディらしい曲線使いは見受けられませんがタイルの使い方や窓枠やベランダに用いられた曲線の美しさは独特のセンスが感じられます。

photo credit: Casa Vicens via photopin (license)

photo credit: Casa Vicens via photopin (license)

タイルの柄にはこの地区に咲くインディアン・マリーゴールドの花があしらわれ、窓の鉄柵にはサグラダファミリアの天井にも使われているシュロの葉がモチーフとなり、常に自然を意識したガウディ建築らしさも見て取られます。

現在も個人の住居として使われているので内部の見学はできませんが、ガウディが緻密に計算して設計した直線使いの外観は見ものです。ガウディ建築の原点ともいえる邸宅は、初の大仕事にかける若き日のガウディを見ているように感じられます。

スペインの世界遺産 アントニ・ガウディの作品群

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す