photo credit: _IGP2856 via photopin (license)

カーザ庭園



カーザ庭園(カーサ庭園)は中国のマカオ特別行政区にあり、世界遺産「マカオ歴史地区」を構成する場所のひとつです。ルイス・カモンエス公園とプロテスタント墓地の間に位置しています。

カーザ庭園とは?

photo credit: _IGP2863 via photopin (license)

photo credit: _IGP2863 via photopin (license)

カーザ庭園は庭園と洋館からなっています。コロニアル様式*の建物と、熱帯の植物が多く植えられた庭園で、小さな池も造られています。

1770年代に地元の富豪であるマヌエル・ペレイラの別荘として建設されました。東インド会社が借用してスタッフを常駐させたこともあります。

後にマカオ政府の所有となりますが、現在は東方基金会という財団のマカオ本部となっています。

2階はギャラリーとして開放されていて、大航海時代にちなんだ芸術品が展示されています。

*植民地時代の建築様式。その土地の材料や風土と母国の建築様式の結合が特徴である。

 

小ぢんまりとした庭園ですが、熱帯の植物と池を観ながら散歩するのも良いですね。歴史地区の教会群などとは少し違ったテイストの建物は必見です。

中国の世界遺産 マカオ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す