カールトン庭園|王立展示館とカールトン庭園|世界遺産オンラインガイド

カールトン庭園

オーストラリア南東部ヴィクトリア州メルボルンにある「カールトン庭園」は、「王立展示館」とともに、2004年「王立展示館とカールトン庭園」として世界遺産に登録されました。

カールトン庭園とは

カールトン庭園は、約26ヘクタールもの敷地を有しており、その広大な敷地内には、2004年に同じく世界遺産に登録された王立展示館やメルボルン博物館があります。

カールトン庭園は、1839年ヴィクトリア植民地初代総督であったチャールズ・ラトローブが公園用地としたことに始まります。その後、造成、改修された後、1880年メルボルン万博博覧会の際に大規模改修が行われ、カールトン庭園の基礎はこの頃に出来上がったといわれています。

季節によって異なる風景を見せるカールトン庭園内には、フクロギツネ(ブラッシュテール・ポッサ)など野生動物も生息しています。一年中四季折々の花々が咲き乱れ、王立展示館へ向かう並木道や噴水、小さな湖などメルボルン市民にとって癒しの場所となっています。

「カールトン庭園」のデータ

   
国名 オーストラリア
世界遺産名王立展示館とカールトン庭園
名称 カールトン庭園
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。