ボーデ博物館

ボーデ博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。

ボーデ博物館とは

photo credit: Bode Museum via photopin (license)

photo credit: Bode Museum via photopin (license)

ボーデ博物館は、ムゼウムスインゼル(博物館島)の最北にある円蓋を載せた建物です。

1897年に建設が始まったボーデ博物館は、建築家エルンスト・フォン・イーネが設計し1904年に完成しました。博物館は、当初ドイツ皇帝フリードリヒ3世にちなんで、フリードリヒ博物館と呼ばれていましたが、その後、1956年に博物館のキュレーターを務め、ベルリン国立美術館総長も務めたヴィルヘルム・フォン・ボーデに敬意を表し、ボーデ博物館と改名されました。

ボーデ博物館 館内

photo credit: DSC05370 via photopin (license)

photo credit: DSC05370 via photopin (license)

館内には、古代から中世のコインが所蔵されており、世界でも有数のコレクションであり、学術的にも価値のあるものとなっています。

また、13~18世紀にかけての彫刻コレクションも世界最大規模で、ティルマン・リーメンシュナイダーやドナテッロなどの傑作を見ることができます。

「ボーデ博物館」のデータ

   
国名 ドイツ
世界遺産名ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)
名称 ボーデ博物館
感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

世界遺産を名前から探す