ビッグルーム



 

アメリカの世界遺産「カールズバッド洞窟群国立公園」のメインとなるのがカールズバッド洞窟。その洞窟内にあり、個人で入ることができる、最も人気がある洞窟部屋がビッグルームです。

とても巨大なもので、天井の高さは約80メートル、アメリカンフットボール場が14面入ると言われています。約2キロのトレイルがあり、見て回るのに約1時間半かかります。

ナチュラル・エントランス・ルートを通って行くことができ、ビッグルームだけという方はエレベーターで入口まで降りていくこともできます。全行程ではありませんが、車椅子で行くことができるよう、トレイルが整備されています。また時間がない人のためにショートカットもできます。

ビッグルームで見られる多彩な鍾乳石

太陽寺院と呼ばれる鍾乳石です。円錐形のどっしりとした塔に天井からはつららのようなたくさんの細い鍾乳石が見られます。

photo credit: IMG_2923 via photopin (license)

photo credit: IMG_2923 via photopin (license)

ドールズ・シアターと呼ばれる空間です。幾本もの細い鍾乳石は繊細で壊れやすいです。

photo credit: Giant Dome via photopin (license)

photo credit: Giant Dome via photopin (license)

ジャイアントとツインドーム。ジャイアントは石柱になっていて天井と繋がっています。ツインドームは同じような形と大きさの石筍です。

 

他にも見応えのある鍾乳石がたくさんあり、自然が創り出した芸術品には圧倒されます。

アメリカの世界遺産 カールズバッド洞窟群国立公園

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す