ロバート・ホー・トン図書館



ロバート・ホー・トン図書館は中国のマカオ特別行政区にあり、世界遺産「マカオ歴史地区」を構成する建築のひとつです。聖オーガステイン広場にあり、そばにはドン・ペドロ5世劇場もあります。

ロバート・ホー・トン図書館とは?

ロバート・ホー・トン図書館とは、香港の大実業家ロバート・ホー・トンの別荘であった建物です。1894年以前はポルトガル人のドナ・キャロリーナ・クンハの住居でしたが、ロバート・ホー・トンが1918年に購入しました。

1955年に彼は死去しますが、遺言により彼が集めた貴重な書物と共にマカオ政府に寄贈され、1958年に公共の図書館として開館しました。2005年には新棟も建設され、現在はマカオ最大の図書館として人々の憩いの場となっています。

建物は淡い黄色をしており、壁にはアーチが彫られています。一見すると図書館とは思えないほどです。

 

暑いマカオですが、ここは冷房が効いていてとても静かで、休憩がてらに訪れるのも良いかもしれません。wi-fiもフリーなので、穴場ですよ。図書館ですので、お静かにお願いします。

中国の世界遺産 マカオ歴史地区

 

この記事をシェアする



 

こちらもどうぞ!

感想・コメント
感想、体験談などございましたらお願いします!
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

▲一番上へ

世界遺産を名前から探す